人妻倶楽部内緒の関係

春日部デリヘル人妻・若妻専門
待ち合わせ型デリヘル「人妻倶楽部内緒の関係」

素敵な人妻・若妻専門店

  • 受付時間 9:00〜
  • 営業時間 9:00〜翌3:00
  • 電話番号:048-812-4774

イベント詳細

抽選で毎日1名様90分無料キャンペーン実施中!
お得情報満載! 『最強』のメールマガジンをゲットしよう!

皆さん、内緒の関係のメールマガジンはご利用いただけていますか?

内緒の関係のメールマガジンは大幅リニューアル!
圧倒的なボリュームと様々なコンテンツでお客様の毎日が楽しくなるような情報をお届けしていますよ!

メールマガジンって文字ばかりで読むのが大変……
以前は利用していたけれど、最近はちょっと……
メルマガなんて時代遅れだよね……

などなど、過去に利用していて配信を解除された方は”生まれ変わった”メールマガジンに是非触れていただきたいです!


今回はリニューアルしたメールマガジンで配信している様々なおススメコンテンツについて紹介をしていきますよ!

■毎日ナンバーズ
毎日ナンバーズは、メルマガで毎日開催しているイベントです。

日替わりで4桁の番号を配信。その番号と携帯番号の下4桁が一致していたら割引が発生!
下4桁が完全一致でなんと≪90分コースが指名料込みで無料≫になります。

毎日ナンバーズは『内緒の関係越谷店』『ドッチパイモミ』のメルマガでも実施中。
『内緒の関係春日部店』のメルマガと合わせて三店舗でメルマガを受け取れば当選確率は三倍に!?
こちらは当選したらお好きな店舗でご利用頂けますよ!
ナンバーズは4桁の完全一致以外にも嬉しいチャンスがあるのでこちらも要チェックです!

▼ナンバーズ割引詳細
下4桁 一致 
≪90分コース 無料≫ ※指名料込み


下4桁 順不同で番号一致
≪系列店で利用可能なP−POINT2000ポイントプレゼント≫


■新人情報や新人特別料金のご案内情報
メールマガジンでは新人体験入店速報や緊急出勤速報などここだけのお得な情報も配信しています。
新人さんは今後人気が出るかもしれない原石の奥様。要チェックですよ!

またメルマガでは新人特別料金で遊べる奥様もご案内することもあります。
こちらはメルマガ会員様限定、業界の最安値に迫る料金でご案内しますよ!


■簡単ネット予約
実はメルマガから前予約ができるんです。こちらは一週間前からご予約可能です。
しかも、前日までにご予約いただけると1000円オフの特典も!

いつも人気でなかなか予約が取れないキャストも一週間前なら予約が取れる事も!?
これは是非とも活用したいですね。


■官能小説
メルマガでは官能小説を定期配信中!
ちょっとした空いた時間に読める作品になっています。
デリバリーヘルスを舞台に巻き起こる物語をお楽しみください。



コンテンツの紹介、いかがだったでしょうか?

リニューアルしたメルマガではピックアップガール、出勤情報のレイアウトも大幅に変更。
どんな奥様なのかわかるようにプロフィールの情報なども掲載するようにしました。

メルマガで気になる子がいたらそこからネット予約もできるので是非ご活用くださいね。

またメルマガ限定の『合言葉』の1000円割り引きなど継続して行っています。
こちらは『毎日ナンバーズ』と合わせて、毎日確認するといいかもしれませんよ。

内緒の関係春日部店のメルマガは今後もコンテンツの充実、使い易さの向上を心がけ、『最強』を目指して進化を続けていきますよ!
まだ登録していないご利用者様は是非、ご登録を!


メールマガジンのご登録はこちらから
http://www.naisyo-kasukabe.com/mailmagazine.html

◆みゆき奥様のエロ小説◆

「へへ、もうそろそろ行こうかねえ」
俺はラブホテルの一室で、時計を見ながらニヤニヤしていた。
給料日後の毎月の楽しみに、風俗遊びは欠かせない。
今日は県をまたいでの、ちょっとした遠征で、ワクワクしていた。
地元の風俗にはなかった、すごい仕掛けのある店を見つけていたのだ。
「とびっこで、待ち合わせ……どんなんだよ……」
歴代の彼女にも妻にも、そんな遊びは頼んだことがない。
だが、AVを見ていて、興味はあったのだ。
改めて、スマートフォンの画面で、これから出会う女性の写真を見る。
みゆきさんだ。
両腕をぐっと寄せ、強調された胸がたまらない。
90センチのFカップ、成熟した女の乳は、さぞかし柔らかいのだろう。
色白の肌に、つややかな黒髪が映えて、清楚という言葉を絵に描いたようないでたち。
ピアノ講師をしているという触れ込みが、すとん、と腑に落ちてしまう。
そういえば自分の小学生時代の音楽の先生は明るく、優しく、美人だったがー。
コミュニケーションを取ってなんぼのお仕事をしてきた人だし、楽しく時間を過ごせそうだ。
(センセイのあそこに、とびっこを仕込んで……へへへ、たまらねーなー)
前払いを済ませておいたフロントに一声かけて、俺は外へ出た。


待ち合わせ場所に行くと、彼女は既に待っていて、時計を見ていた。
「みゆきさん?」
「あ、はい、そうです!」
明るく快活に答えを返しながら、一礼を返された。
「よくわかりましたね? 以前にも、ご利用いただいたことがありましたっけ?」
「写真のまんまだったので……というか、写真よりイイっすね」
「あははっ、ありがとうございます」
嫌味もなく、さらりと笑って流すあたりが、オトナの余裕というやつか。
丈が長く、体の線が出る、大人仕様のワンピース。
ウェストのラインのくびれ具合が服の上からでもよくわかる。
胸を張って前を向いた立ち姿は美しく自信に満ち溢れ、まるでモデルだった。
「じゃ、行きましょうか?」
「そっすね。で、例のブツは……」
ランチタイムを終えたばかりの時間帯とあって、人通りはある。
にやにやしながら、顔を覗き込むと、少し赤くなってはにかみながら……。
ピンクのリモコンを手渡された。
「今、アソコに入っているんですか?」
少し赤くなって照れつつ、こくん、と明るく頷いた。
すかさず、目盛りをズボンのポケットの中で動かすとー。
「あ、あっ、も、もう、いきなりですか……」
みゆきさんはそう言って、中腰になって、俺の腕にしがみついた。・・・

続きはオフィシャルブログへどうぞ
https://note.com/naisyokasukabe/magazines
最新話はメールマガジンでお楽しみください
◆ご登録はこちらから◆
戻る